2008年02月08日

大佛次郎


100→1200

こっちの更新がないときは、めぼしい定価越えがなかったということで。
ちなみに上記の本を見て、普段ほとんど本を読まない嫁さんは「だいぶつじろうって何?」って言ってましたが、「おさらぎ」ですからね。



気が向いたら、人気blogランキング←ワンクリック頂けると幸甚です。
posted by toto at 14:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ながい旅 (角川文庫 お 1-2)
Excerpt: 「明日への遺言」として映画化されるのを機に、この本を手にしました。 驚いたのは、この岡田資という人物が目と鼻の先の半田市に住んでいたという事実と、この本が新聞小説として掲載され、読む機会があったのに逃..
Weblog: あいねの記録
Tracked: 2008-02-19 13:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。